楽知会とは


                         ・成り立ち

  平成18年度(2006年度)に始まった千曲市主催の第1回「千曲市を楽しく知る講座」終了後、
  「千曲市をもっと知ってみたい!そして、その感動をこの千曲市を訪れる人々にも楽しく
  お伝えしたい!」という思いから平成19年(2007年)4月、ボランティアガイド「楽知会」が
  発足しました。

  現在、会員は25名あまり、平均年齢は約68歳です。
  令和2年(2020年)3月には、今迄の活動が評価され、長野県の「第7回おもてなし大賞」の
  奨励賞
を受賞いたしました。
  

                      ・主な活動

  1.年間200回のガイドの活動
   「月の都の案内人」と銘打って、千曲市内全域ガイドの活動を行っています。
   千曲市では大きく4つの地域に分けた「ご案内コース」をご用意しています。
   四季折々の見どころは多彩ですが、特に秋の姨捨は観月祭など様々な行事が行
   われ、とても賑わいます。私たち会員は、ガイドを通してお客様との心の交流、
   ふれあいを大切にしています。


 2.定例会(毎月)
   月1回(第2金曜日)千曲市内外の名所や歴史など様々な分野についての勉強会や
   研修会を、時には講師を招いて実施しています。
   また、会員をお客様に見立ててのガイド研修も行います。

 3.他の会との交流
   ガイドスキルの向上や情報交換などを目的に、他の「ガイドの会」との交流会
   や、地域の会、イベント、研修会には積極的に参加しています。

 4.「千曲市を楽しく知る講座」(市主催)の企画と運営
   一般市民を対象にした千曲市主催の「千曲市を楽しく知る講座」に関しては、毎
   年楽知会が委託を受け、企画・運営を行っています。延べ6日間、多くは会員が
   講師となって市内の歴史や見どころを説明し、市内視察を実施しています。